映像を制作する会社に依頼するときの注意点を教えます

映像を制作するときに大切なことは、誰に何を発信したいのか、をはっきりすることです。映像はポイントを盛り込みすぎると内容が浅くなって伝わりにくくなります。また、5分以上の映像は、見る人にとって長く感じてしまいます。映像を制作する会社に依頼するときは、あらかじめ目的を明確にし、どんなメッセージを伝えたいのか、ポイントをひとつに絞っておくことが大切です。さらに、参考動画を用意すると、依頼する会社に制作したい映像のイメージをよりよく伝えることができます。音楽の雰囲気や色合いなどのイメージを口頭で制作する会社に伝えるのは難しく、人によって好みも様々です。映像の視聴者にどんな印象を持ってほしいのか、をあらかじめ考えておき、参考動画を使って依頼をするとイメージを伝えやすくより効果的になります。 

お客さんからの依頼や自社で利用する実写映像を制作する仕事

会社のプロモーションビデオを制作する、会議や展示会などのイベントを撮影し、編集するなどお客さんから依頼された映像を制作する仕事があります。企業や個人のイメージアップのための映像であり、ホームページで公開する映像を制作することが多いです。依頼された要求に応えて制作しなければならないため、納期や要求を聞いて仕事をする必要があります。依頼に沿った企画をし、具体的な構成を練り、撮影の段取りを組みます。その後、撮影した映像から必要な映像を選び、編集、加工します。また、自社で利用する映像を制作することもあり、テレビ番組などのプロデューサーが企画した内容を映像化したり、社内のイベントの映像を制作する仕事もあります。自社で利用する映像を制作する場合は、視聴者の反響を確認して修正しながら映像に取り組むことができます。

ゲーム、ミュージックビデオ、アニメなどの映像を制作する仕事

実写映像とは違い、ゲーム、ミュージックビデオ、アニメなどの映像を制作する仕事もあります。実写映像と同じように企画、構成、撮影の段取り、編集、加工のほかに、企画の意図を理解し、シナリオを書くという仕事があります。小説や漫画などを映画やドラマにするなど映像化するために書く仕事です。原作をとのような映像にするかを打ち合わせ、シナリオを書いては直しを繰り返して、制作していきます。また、コンピューターグラフィックス技術を駆使した映像を制作する仕事もあります。インターネットの動画サイトの普及やスマートフォンでゲームなどを楽しめるようになっていることから需要が高まっています。芸術的なセンスを活かして、映像や音声の加工といった作業を行います。最新の機器を使いこなす技術に加えて、依頼した会社の要求に応えるためにはコミュニケーション能力も必要となります。