気になる映像制作会社の給与とは

映画やアニメ、ドラマなど様々なジャンルで画面に動画が流れるコンテンツのことを映像といい、その映像を制作する会社が存在します。映像制作を行う上で、必要不可欠なことは、動画を知っておくことです。動画には記録メディアや映像制作ソフトなどがあります。また、動画というのは連続した画像のことなので、動画を撮りたい場合には、コンマミリ秒単位の画像を撮り続けていき、その画像を高速で再生させると動画になるのです。その他に、カメラの知識も必要で撮影の基本や構図の撮り方な、カメラの仕組みなども知っておく必要があります。映像制作をするには、多くの学ばなければならないことがあるので、知識と労力が必要です。映像編集の際には、映像編集ソフトや画像編集ソフト、3DCGソフトなどを使用します。

映像制作会社の種類と仕事内容とは

映画やアニメは娯楽コンテンツとして人気があるので、作り手である映像制作会社の業界も華やかなものだと思われがちですが、その実情はとてもハードです。基本的に、深夜までの残業や休日出勤は当たり前で、残業代が出ない会社もあります。この業界で求人を探す際に、年中求人を出しているところは注意した方がいいでしょう。面接では学歴を重視されることがあまりなく、基本的に根気や体力、集中力の方が必要になってきます。映像業界に入ってもすぐ辞めてしまう方は多いので、それだけ過酷な労働環境ということを覚悟しておかなくてはなりません。国内だけでもたくさんの制作会社があり、会社によって手掛けている映像の種類は違います。テレビ番組やコマーシャル、ゲーム映像やミュージックビデオなど様々な種類があるので、自分がしたいと思った仕事内容の制作会社を選ぶといいでしょう。

映像制作会社の給与の相場を知っておく

映像制作会社の給与は、就職する会社や雇用形態によって異なります。映像制作会社の中でも大手のところや、映像制作会社に発注を行うテレビ局・広告代理店の関連している会社に正社員として就職すれば、ボーナスも出て、年間500万円の給与をもらうことも可能です。中小企業や業務量が安定しないような会社であれば、非正規社員しか雇わないところもあり、給与も時給換算になります。残業が続き、不規則な生活になるといった過酷な労働環境や、給与の安さに耐えかねてやめてしまう方も少なくありません。それでも映像制作に携わっていきたいという方は、映像制作会社でキャリアを積んだ後、フリーランスになって独立するのがおすすめです。フリーランスになれば、仕事が選べたり、収入もアップする可能性があるので、安定した生活を望めます。映像制作会社に就職する際には、会社の下調べを必ずしておくようにしましょう。