かつら・ウィッグの人気ランキングサイト~通販かつらはどこが安い?~

ホーム > かつら情報 > かつらをうまくスタイリングする整髪料は

かつらをうまくスタイリングする整髪料は

 薄毛の悩みは男性のものというイメージがありますが、40代半ばを過ぎると女性も多くの人が薄毛に悩まされます。
 40代半ば以降は女性ホルモンの中でも美しい髪を作るエストロゲンが減少する、いわゆる更年期に突入することや、子供が高校や大学の受験などの難しい時期に当たったり、親の介護をしなくてはならないなど、ストレスが大きくのしかかる年代でもあります。
 エストロゲンの減少のほかにも、このストレスが大きな要因となって抜け毛が加速してしまいますので、女性にとっても髪の悩みが深刻になっていきます。薄毛がひどい状態になれば、何とかカバーしようとかつらを使うことを考える人も出てくるでしょう。最近は高性能のものが多数作り出されていますので、自分の髪となんら遜色ない仕上がりになります。


 自分の髪のように見えるということで、いつも同じヘアスタイルでは逆に違和感を感じられてしまうのではないかという心配を持つ人もいるかもしれません。そんなときは、スタイリングに工夫をしてみるといいでしょう。
 かつらのスタイリングには、ワックスやヘアクリームがおススメです。特にワックスはスプレーのように髪を固めることなく、髪の流れを作り出すことができます。見た目にもナチュラルで自然な仕上がりになりますし、取り扱いしやすいのも魅力です。
 ヘアワックスがおススメの要因としてはほかにも、流れを作り出しながらも髪が固まらないので手ぐしでヘアスタイルを直すことが簡単にできるというメリットがあります。風の強い時などは、あおられてセットが乱れてしまうことがあると思われますが、手ぐしで簡単に直すことができれば、傍目にもよりいっそう自分の髪のように見え、気づかれにくいという要素を持っています。


 適していない整髪料としては、ジェルやミスト、さらにがちっと固まってしまうスプレーやクリームが挙げられます。これらは糊状の樹脂成分でできていますので、使うことによって毛が傷んでしまいます。
 自分の毛髪に使用した場合にも、これらの整髪料を使ったときに櫛を通すと白い粉が浮き出ることがありますが、かつらの場合は毎日シャンプーするわけではありませんので、フレーキングと呼ばれる樹脂成分が積もって固まる現象が起こります。
 こうなると使い物にならなくなってしまうことも多いので、万が一使うことがあった場合はすぐにその日中にシャンプーをしてしっかりと洗い流すことが大事です。手間もかかりますので、初めから使わないに越したことはないため、ヘアワックスで上手にスタイリングができるようにしておくと安心です。

次の記事へ

ページトップへ